葬式

葬式での花の選び方

祭壇

葬儀では花を贈ることがあります。この花は供花と呼ばれ香典が不要な葬儀で香典の代わりに贈ったり遠方で参列できない場合に贈ったりします。供花は故人に供える花で弔意を示すために贈られます。死者の霊を慰める他にも会場を飾ると言った意味合いもあります。
いざ供花を贈ろうと思った時に相場は?どの花にしたらいいの?と失礼のないようにと思うと悩むこともあると思います。まず費用の相場は7,500円~15,000円です。花屋や葬儀屋、インターネットでの注文発送が可能です。供花を選ぶ際は宗教により適した花があります。
【仏教】
菊や百合、カーネーションやデンファレなどが多く、高額だと胡蝶蘭も用います。どれも白などの落ち着いた色を選びましょう。
【神道】
仏教と同様で菊や百合が多く、白い菊は多く利用されます。
【キリスト教】
キリスト教は仏教で利用が多い白菊などより百合やカーネーション、スプレー菊や小菊が用いられます。教会ではなく故人の家に贈るのが一般的です。
このような花は季節により価格の変動はあります。供花は親族でなくても贈ることができ、弔意を示すことができるので葬儀の際に多く利用されます。いざ贈るとなった時に失礼のないよう花の種類などのマナーはしっかり把握しておきましょう。

CONTENTS

  • 祭壇

    葬式での花の選び方

    葬儀では花を贈ることがあります。この花は供花と呼ばれ香典が不要な葬儀で香典の代わりに贈ったり遠…

  • 菊 

    葬儀のマナーを事前に確認しておきます

    訃報は突然知らされることが多いです。事前に準備をすることが出来ないこと、悲しい気持ちが先に立っ…

  • 手を合わせる

    地域によって異なるタイミング

    地域によって葬儀の際の順番が違ってくることがあります。通夜を執り行う前に荼毘にふしてしまうとこ…

  • 数珠

    今や廃れている葬式のマナー

    葬式はマナーがあるので、そのマナーをしっかりと守らなければいけません。しかし今は昔とは…