葬式

今や廃れている葬式のマナー

数珠

葬式はマナーがあるので、そのマナーをしっかりと守らなければいけません。
しかし今は昔とは違う部分もたくさんあります。

例えば通夜は基本的にグレーや紺の服装であるべき、というマナーです。
通夜に喪服を着てくると、不幸を予想して準備をしていたと思われてしまうので、大変失礼になると言われていました。
しかし今では通夜も喪服で参列をする人が多いですし、逆にグレーや紺の洋服を着てくると失礼だと思われてしまいます。

また通夜は故人と遺族とが最期に過ごす大事な夜なので、その通夜の席にお邪魔をするということも失礼だと言われています。
一般参列者は告別式に参列をするのがマナーである、と言われていました。
実際には通夜は夜、告別式は日中執り行われるので、仕事の関係など様々な点から告別式よりも通夜に参列をする人が多いです。

それでも昔は通夜に喪服を着用すること、できるだけ告別式に参列をすることなど当たり前のように守られていたルールなのです。
遺族への配慮よりも今は自分の都合を優先することが多くなっているので、今後も葬儀のマナーは変わってくるのかもしれません。
知らないと故人や遺族に対して失礼になることもあるので、最低限のマナーは参列前にチェックをするとよいでしょう。

CONTENTS

  • 祭壇

    葬式での花の選び方

    葬儀では花を贈ることがあります。この花は供花と呼ばれ香典が不要な葬儀で香典の代わりに贈ったり遠…

  • 菊 

    葬儀のマナーを事前に確認しておきます

    訃報は突然知らされることが多いです。事前に準備をすることが出来ないこと、悲しい気持ちが先に立っ…

  • 手を合わせる

    地域によって異なるタイミング

    地域によって葬儀の際の順番が違ってくることがあります。通夜を執り行う前に荼毘にふしてしまうとこ…

  • 数珠

    今や廃れている葬式のマナー

    葬式はマナーがあるので、そのマナーをしっかりと守らなければいけません。しかし今は昔とは…