葬式

地域によって異なるタイミング

手を合わせる

地域によって葬儀の際の順番が違ってくることがあります。通夜を執り行う前に荼毘にふしてしまうところもありますし、告別式の後に荼毘、という流れのところもあります。告別式の前に荼毘にふす、ということももちろんあります。地域による差は無視をすることはできません。葬儀を執り行う地域の風習に合わせなければいけません。地域による違いの他に火葬場の混雑状況によって変わってくる、ということもあります。
火葬場の状況によって葬儀の日程が決まってくる、ということもあります。一般的に子どもを荼毘にふす場合には、早朝であることが多いと言います。それは火葬をする際の温度が大きく関わってくるのだそうです。あまりにも温度が高いと子どもの遺骨が残りにくくなります。温度がそんなに高くはない時間帯を選んで早朝に火葬を行うことが多い、と言われています。
このように故人の年齢によっても火葬の時間が変わってくることがあります。よって、葬儀の際の儀式の順序も大幅に変更されることがあります。遺族の意向ではなく、火葬場や斎場の都合によってスケジュールが決まってくることが多いのが今の葬儀のスタイルです。これは特に都市部で多くみられる傾向でもあります。

CONTENTS

  • 祭壇

    葬式での花の選び方

    葬儀では花を贈ることがあります。この花は供花と呼ばれ香典が不要な葬儀で香典の代わりに贈ったり遠…

  • 菊 

    葬儀のマナーを事前に確認しておきます

    訃報は突然知らされることが多いです。事前に準備をすることが出来ないこと、悲しい気持ちが先に立っ…

  • 手を合わせる

    地域によって異なるタイミング

    地域によって葬儀の際の順番が違ってくることがあります。通夜を執り行う前に荼毘にふしてしまうとこ…

  • 数珠

    今や廃れている葬式のマナー

    葬式はマナーがあるので、そのマナーをしっかりと守らなければいけません。しかし今は昔とは…